最近、中華料理店のコックさんが比較的足りない。

面接する際、

応募人:「私は料理長応募で、〇〇万円がもらいたい」

私:「いいですが、1月やって見てください。それから、給与等条件を決めましょう」

すると、大体、他の所に面接に⁉

不思議と思いませんか?

普通なら、

仕事の完成度について、それに相応しい給与、休日をあげるべきのか。とは一般的です。

なんにも、やっていない、努力していない、ただの想像能力(私なら凄く出来そうとの能力)で給与を要求するのは、大体、人材ように見えるですが、決して、人災です。

 

要は、経験からよると、大体、最初からいろな要求を求めてくるの人は、採用しないのは、私のお勧めです。

 

※いわゆる、人材は4つに分けれます。

1、人災

2、人在

3、人材

4、人財

 

おすすめの記事